大洗酒列磯前神社 樹叢

樹叢

樹叢

酒列磯前神社の樹叢(さかつらいそさきじんじゃのじゅそう)  38,837m2

本社が現在地に遷宮したのは元禄15年(1702)です、これは元禄3年(1690)に本社を参拝した水戸光圀が遷宮を命じたことによるといわれております。遷宮は光圀の死によって一時中断されますが、綱條(粛公)の時に遷宮が完了し、以後、本殿や拝殿を囲む境内地内や一の鳥居から拝殿まで続く参道両脇の樹叢は手厚く保護されてきたものと考えられております。
関東地方の太平洋岸沿いの台地斜面などには、海洋による温暖な気候によって生育が促された暖帯性樹叢がしばしば見られますが、酒列磯前神社の境内林もその樹叢の一つです。
ヤブツバキが優占する参道両側には、樹齢300年をこえるといわれるヤブツバキの古木に加え、枝振りに特有の奇観を呈するタブノキの古木が点在し、さらに、オオバイボタ、スダジイ、ヒサカキなどの常緑広葉樹が生育しています。また、本殿脇から背後に広がる境内林は、スダジイ、タブノキなどが樹高15~20m程の高木層を、さらにユズリハ、モチノキ、ヤブツバキ、シロダモなどが亜高木層~低木層を構成し、比較的自然度が高く、壮観ともいえる独特の林相を呈しています。さらに、この区域から太平洋側に面する斜面には、上述の常緑広葉樹に加えて、ハマギク、ラセイタソウ、シャリンバイなどの海辺植物も混生し、海辺地特有の自然林が形成されています。